FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の存在給はいくらなのだろう。

心屋仁之助さんの本
一生お金に困らない生き方
を読みました。

この家計簿ブログを初めて、
人のブログをいろいろ読んでいくと、みなさん、それぞれの価値観のもとに
人生を謳歌しているなと感じます。
誰が正解ではなくて、自分の軸をしっかり持っている。

そうして考えるのが
私の軸はどこだろう。
ということ。

お金が欲しいけど、お金があるだけじゃ意味がない、。でも。お金に困る生活は困る。
ということに薄々気が付き始めました。
100万円欲しいけど、何に使う買っていったら、
自分の好きな人と一緒にそのお金で楽しみたい。
という欲求が強いんですよね。
物欲が薄くなってしまったというか・・・・・





多くの人は「お金は労働の対価」だと信じている。
しかし、実際はお金は労働の対価などではない。
実際、働くことなくお金を稼いでいる人も世の中にはたくさんいる。
お金には「存在給」と「歩合給」の二つがある。

「存在給」とは、なにもしない自分がもらってもいいお金だ。

あなたが存在しているだけでもらえるお金。つまり、まったく働けず、社会の役にも立てず、何の成果も出していない、赤ちゃんや寝たきりの病人のような状態でももらえるお金、それが存在給だ。

存在給とは、そのまま自分が存在することの「価値」の値段だ。

存在給がゼロ円という人もいる。その人は、そのままの自分は存在しても価値はゼロと思っている。

「存在給(基本給)」が低い人は、自分の価値が低いと思っているので(つまり自分に自信がないので)、もっとがんばって価値をあげようとします(歩合給)。

いっぽうの「歩合給」は、がんばった分だけ、成果を出した分だけもらえるお金だ。

存在給が低い人は、歩合給だけでお金を得なければならないので、常に必死に頑張らなければならない。

頑張るのを止めてしまうと、お金がなくなってしまうと思っているので、いつも必死に働いていて、だからとても大変だ。



私はずっと頑張っていた。
頑張って、自分の存在価値を確かめて、提供しないといけないと。
でも、もしかして、そもそもの根底が違ったんじゃないだろうか。
自分の心地よい空間を作り出すこと・得意なこと・ときめくことに注力すれば、
私の存在給になるのではないだろうか。


この価値観を、書き換えるのだ。
「自分は寝ているだけで100万円くらいもらってもい価値がある」と。

自分が働かなくても、
価値を提供しなくても、
何もしない自分でも、

いっぱいもらっていいんだ、という考え方に変えて欲しいんです。



がんばるのではなくて、自然な自分でいるだけで価値が上がる=お金がやってくる。
そう考えると、気が楽になりますね。

自分の価値を認める練習から始めましょう!






スポンサーサイト

テーマ : マネー・貯金 - ジャンル : ライフ

TAG : 家計簿 貯金 読書記録

お金を稼げるようになるとお金のことを考えなくてもいい。




最近、堀江貴文さん(ホリエモン)をよくテレビでみかけます。
なかなかストレートな物言いで、嫌いじゃない(笑)

そんな堀江貴文さん(ホリエモン)の著書「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」を読みました。

もうタイトルからして挑戦的(笑)
読者からのQ&Aに答えていますが、これまた面白い。
質問する側も面白い。なんだそりゃ?みたいな質問もあるわけですが、それをちゃんと答えているのでえらいな~なんて思いながら読ませてもらいました。

堀江貴文さん(ホリエモン)以外に4名の方がコラム的に書かれていて、彼のよさや今後の稼ぎ方など書いております。

お金を稼げるようになると、何が一番いいかというと、お金のことを考えなくても良くなることなんです。
お金に人生が振り回されない。


P150より抜粋 藤沢数希さん

つまり、お金があるということは、仕事や遊び・自分の生活がお金基準で考えなくてもいいということ。
お金のために働く、ではなくて、自分がやりたいことに挑戦できる。
○○に旅行に行きたいけど、予算の関係で別のところに旅行ということがなくなる。

「お金は、夢を実現したりすることのためのひとつのツール」になるように私も今からできることをやっていこう!
11月は自分は何ができるかを考えて、行動に移していこう。


TAG : 読書記録

未来からいまの自分をみてみる

夢もお金も手に入れる人のシンプルな習慣(井上裕之著)を読みました。




2章、夢をかなえる人の習慣の中にある「未来からいまの自分をみてみる」というのがじーーんと来ました。
結局のところ、私以外の人のほうが私という人間が分かっているのでは?と思うこともあります。
こういうところがイイヨネ。ダメダヨネ。ということ。
自分でいいところ、わるいところってよくわからないというのが本当のところ。

「いまの君たちの姿は、人生がうまくいったときに《そうだよね》と言われるか、それともいかなかったときに《やっぱりね》と言われるものかどうか考えて見なさい」


P95より抜粋

そうなのだ。私の日々の行動は未来に繋がっているわけ。
ということは未来の自分が過去を振り返ったときに「そうだよね、私、このことは力いれたし、当然の結果」と思うのか「さぼったし、しょうがないか」と思うのか。

そういう視点で見ていくと・・過去の自分はどうだっただろうか。
もちろん、頑張っていた自分もいるけど、サボっている自分もみれる。

4章では、「貯金をして、心に余裕を持つ」ともあり、これまたしんみりときました。
いままでの私は自己投資ばかりしてきたと思う。なので、自分でも言うのもなんだけど結構いろいろと経験してきたので引き出しの多いオモロイオンナになった。
が、心に余裕があるかというと。これはちょっとないなあ。
やっぱり、お金があるからこその余裕とか自分の価値観にあった生活ができるんじゃないだろうか。


この手の本っていつ読むかというのが大事。
いろいろ読んできたけども、そのときは分かったつもりでも、行動に移せていないことがおおい。ということは、本に書いてあることが受け入れられる状態じゃなかったということではないだろうか。

こんなにジーーンときたり、しんみり読み返したり。
もちろん著者の力もあるけども、それ以上に自分の許容範囲が変わったからではないだろうか。

自分の夢をひとつずつ叶えて、そしてお金も手に入れよう。


テーマ : 過ぎ去った時間、そして、これから・・・ - ジャンル : 独身・フリー

TAG : 読書記録

お金が貯まらない人の悪い習慣39 田口智隆




週末にお金が貯まらない人の悪い習慣39を読みました。
タイトルからして、耳が痛いわ。
いい習慣もあるけど、知らぬ間に身についてしまった悪い習慣。
でも、自分では悪いと気がつかないことも多いです。。残念。

こちらの本ではそんな悪い習慣を紹介しています。

第1章 お金が貯まらない人の「考え方」 

ビジネス書を読むだけで満足してしまう
心が痛い・・まさに私。
こちらにも書かれているけど、とにかくなにかひとつ実行してみること!
まさに簡単に書かれているけども、意外とできていないことだと思う。
人は妄想で終わって、脳内ゲームで満足してしまうことが多い。
だから、何か事件とか不祥事が起きたときに「なんで、こうしないの?」とか「自分ならもっとうまくやるのに」と言ってしまう。
それは本当にそうだろうか?

私は行動したことでほぼ成功した人に近づけていると思っている。少なくとも、行動しなかった人よりは成功しているはず。
その後の結果については、もちろん反省すべき点はある。でも、そこから何かを学んでいるし、また挑戦することはできる。
そこで得た経験は誰も奪うことはできないのだ。

第2章 お金が貯まらない人の「時間管理」 

今の私・・
時間もお金と考えて、やるときは集中。
ゆったりするときはゆったりする。
メリハリのある生活を心がけよう。
ちなみに時間については厳しいオンナなので、サービス残業も遅刻もしません。
2次会も断ります。
朝型生活をしようとした時期もあるけど、、ちょっと向きませんでした。
あまり夜更かししすぎないようにしています。

第3章 お金が貯まらない人の「口グセ」 

意外とここは大丈夫だと思う。
ただ、最近年齢について考えることが多くなり、、「自分がもうちょっと若ければ」といわないように気をつけよう。

第4章 お金が貯まらない人の「生活スタイル」 

運動と食生活については問題なし!
が、今の課題はテレビとSNSの時間が多い。本当に時間泥棒だよなあ。
もっと本を読む時間をつくろう。

第5章 お金が貯まらない人の「人間関係」 

うん。いろいろと思うことがあるけど親子関係って大事。
いずれ気持ちの整理がついたら書こうと思う。
友達もここ数年で少なくなった。なんだか思うことがあって、あえてこちらから連絡をとらなかったら、連絡がこなくなった。いままで私からばっかりだったのかなと、気持ちは私からの矢印ばかりだったようだ。。
会社も本当にドライな関係だから、居心地がいいとかないしなあ。ちょっと寂しい人なのかな。

第6章 お金が貯まらない人の「整理能力」

ここはこれからの課題。
財形貯蓄が書かれているけど、ここで安定的な貯蓄をして、投資は別のお金で行います。



続きを読む »

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

TAG : 読書記録 節約 貯金 断捨離

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }